kirakira diary2

近江の琵琶湖岸からの発信です。

大和・長谷寺の本坊から


2018.1.30

イメージ 1

☆本葺きの屋根にはまだ残雪が・・・↑

イメージ 2

☆本坊の前庭にも冬牡丹が微笑んでたよ。

イメージ 3

☆これから開くのも初々しくて

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

☆ここから本堂の舞台がよく見えるよ。

イメージ 7

☆仁王門の横へ下って行くと正面に初瀬川にかかる紅い橋が印象的
だったよ。

イメージ 8

☆Pのフェンスにはこんなホースが干してあったよ。
☆文化財の火災訓練の後かなぁ?


☆長谷寺を後に奈良公園へつづく


              
Emmy





スポンサーサイト



  1. 2018/02/03(土) 20:08:00|
  2. ✩奈良・長谷寺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

大和・長谷寺の舞台から


2018.1.30

イメージ 1

☆花の寺らしい華やかな絵馬↑

イメージ 2

☆おみくじにはみんなの願いが↑

イメージ 3

☆秋には床紅葉が楽しめる舞台↑
☆ここに居られるのは「びんずるさん」だよ。
☆この方は・・・びんずるさんといって釈迦の弟子で賓頭盧尊(びんずるそん)でお堂の前に置かれている 「なで仏」で、病んでいる部位を
なでると除病の功徳があるといわれる。
お釈迦様が在世のころ、特別の神通力の持ち主であった賓頭盧尊者が、その神通力を世の人々に自由自在に誇示して見せたので、お釈迦様が
お怒りになって、「お前は究極の悟りを得ず、この世にとどまって仏法を守り、人間の病を癒し、多くの衆生を救いなさい」と命令された。
尊者はお釈迦様の言葉を守り、今に至っても人々を救う菩薩である。

イメージ 4

☆登って来た登廊やこれから行く本坊を一望↑

イメージ 5

☆五重塔(戦後初めて建てられた)

☆本坊へつづく




Emmy


  1. 2018/02/02(金) 20:08:00|
  2. ✩奈良・長谷寺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

寒に咲くぼたん


2018.1.30

イメージ 1

☆花の寺「長谷寺」仁王門からの眺め↑

イメージ 2

☆登廊の眺め↑

イメージ 3
☆登廊の横に咲く冬牡丹

イメージ 4

☆わら囲いの中で大事に育てられてるよ!

イメージ 7

☆日差しがあると一段と華やかに

イメージ 5

☆この日も時折雪が舞う寒い日だったよ。

イメージ 6

☆再び登廊をてくて~くと・・・つづく



             
Emmy

  1. 2018/02/01(木) 20:08:00|
  2. ✩奈良・長谷寺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

✩大和の長谷寺


2015.1.15
 
イメージ 1
 
 
✩仁王門をくぐると登廊(のぼりろう)の階段が・・・
 
平安時代の長暦3年(1039)に春日大社の社司、中臣信清が子の
病気平癒の御礼に造ったもので、108間399段、上中下の三廊に
分かれている。下・中廊は明治27年(1894)再建で、風雅な
長谷型灯篭を吊るしている。。。。パンフより
 
✩年末には、四角い置き灯篭や吊し燈籠がライトアップされてきれいだよ。
 
✩大輪の花やかな冬牡丹はこの登廊の左右に菰の傘下で咲いてるよ。
 
 
イメージ 2
 
✩中廊の横には山茶花が咲いてるよ。
 
イメージ 3
 
✩本堂の前には板の間が・・・天井からは長谷型灯篭や奉納された
 年代物の絵馬があったよ。
 
イメージ 4
 
✩小初瀬山中腹の断崖絶壁に懸造り(舞台造)された南面の大殿堂だよ。
 
イメージ 5
 
✩ご本尊は、11面観世音菩薩で。近江国高島から来た楠の霊木を
用いて3日間で造り上げたと言われ、全国に広がる長谷観音の
根本木だよ。
御身の丈3丈3尺(10m余)右手に錫杖を持ち、平らな石(大盤石)の
上に立つ独特なお姿だよ。
これは観音様の特別なお徳を表し、人々の願いに対する自費の深さを
示しているんだって。・・・パンフより
 
イメージ 6
 
✩舞台の上からの眺めは最高~
 
イメージ 7
 
✩大黒堂には弘法大師の御作といわれてる大黒様
 
イメージ 8
 
✩その向かいには地蔵菩薩さまが・・・
 
イメージ 9
 
 
✩五重塔・・・昭和29年、戦後日本に初めて建てられた五重塔で、 「昭和の名塔」と呼ばれてるんだよ。
 
イメージ 10
 
 
✩本坊
 
イメージ 11
 
✩冬牡丹と向かい側に大きなロウバイの花が咲き始めていい香りを
 放ってたよ。
 
イメージ 13
 
イメージ 12
 
 
✩三輪山の大鳥居
 
✩大和三山を眺めながらふるさとへ向かったよ。
 
 ✩長谷寺HP...http://www.hasedera.or.jp/
 
 
           
E
  1. 2015/01/17(土) 00:08:00|
  2. ✩奈良・長谷寺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

✩花の寺


2015.1.15
 
 
イメージ 1
 
✩西名阪・針インター下車・・・こんなダムのところを通過・・・
 
イメージ 2
 
✩門前に高浜虚子の句碑
 
イメージ 3
 
✩仁王様に睨まれて
 
イメージ 4
 
✩朝からの大雨でひっそりとした境内で冬牡丹が待ってくれたよ。
 
イメージ 5
 
✩あったかそうな菰の中では華やかな笑顔が・・・
 
イメージ 6
✩傘をさしながら訪問したよ。
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
✩菰をかぶった冬牡丹の周りにはGW頃に咲く牡丹がいっぱい~
 
イメージ 9
 
✩こちらのお庭でもこんな美人さんがWELCOM!
 
イメージ 10
 
 
✩お昼近くに雨は小康状態になって・・・こんな景色が見られたよ。
 
✩さてさてここは大和のどこかにゃ?
 
 
 
 
                     
E
 
 
  1. 2015/01/16(金) 10:18:16|
  2. ✩奈良・長谷寺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
次のページ

プロフィール

emmy1203

Author:emmy1203
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
秘境の散歩道 (8)
☆トップ (42)
☆バード (97)
☆フラワー (82)
☆兵庫県 (7)
☆昆虫 (51)
☆兵庫県姫路市 (5)
☆秘境の散歩道 (1224)
☆ぎふと (27)
☆diary (29)
☆おいちいもの (46)
☆三重県 (55)
☆奈良県 (101)
☆ドロップス (45)
★京都・嵯峨野 (3)
☆京都 (123)
☆滋賀県 (252)
☆遠くの池 (12)
☆長野県 (8)
☆宇宙 (55)
☆神戸ルミナリエ (17)
☆大阪 (32)
☆寿長生の郷 (28)
☆滋賀県守山市 (27)
☆コンサート (5)
✩奈良・長谷寺 (9)
☆美山 (7)
☆草津・街あかり (42)
☆東近江市五個荘 (28)
☆ネイル (4)
☆大和高取町雛めぐり (6)
☆栗東自然観察の森 (68)
☆草津・水の森 (177)
☆京都・宇治市三室戸寺 (11)
☆愛知県 (18)
☆京都水族館 (5)
☆京都・祇園祭 (35)
☆福島 (18)
☆滋賀県・伊吹山 (7)
☆プリンス&プリンセス (61)
☆湖東三山 (6)
✩サントリー10000人の第九 (2)
☆ベトナム・ラオス・カンボジア (20)
☆HAWAII (20)
☆比叡山・ガーデンミュージアム (12)
☆巡礼歌集 (2)
☆滋賀県守山市・芦刈園 (16)
☆携帯から (36)
✩奈良・當麻寺 (16)
★京都・大原 (16)
☆三重県・なばなの里 (5)
✩三重県結城神社 (11)
☆滋賀県・近江八幡市 (28)
☆びわ湖大津館 (24)
☆京都・勧修寺 (15)
☆滋賀県立琵琶湖博物館 (3)
☆長野・涸沢カール (23)
✩和歌山県 (2)
✩近江の滝 (7)
☆滋賀県彦根市 (10)
✩和歌山・串本 (9)
☆滋賀県長浜市 (7)
◎奈良公園 (8)
◎般若寺 (13)
◎元興寺 (1)
◎新薬師寺 (1)
✩近江・日野ひなまつり紀行 (8)
✩京都・城南宮 (10)
✩三重県・藤原岳 (3)
☆比叡山・池の谷薬草園 (11)
✩三重県津市三多気 (2)
✩滋賀県草津市・三大神社 (7)
✩愛知県・常滑市 (7)
✩京都・北山・周山 (4)
✩三重・松阪市ベルファーム (5)
☆滋賀県東近江市・永源寺 (2)
☆東近江市・日野ダリア園 (15)
☆岐阜県・高山市 (1)
☆岐阜県・養老市 (6)
★滋賀県・比叡山ドライブウェイー (3)
★京都・洛北 (9)
★大阪・海遊館 (4)
☆滋賀県甲賀市信楽町 (27)
☆奈良県・橿原市 橿原神宮 (2)
☆京都・伏見稲荷 (2)
☆三重県・鈴鹿の森庭園 (2)
☆京都御苑 (3)
☆三重県伊賀市 (2)
☆滋賀県・湖西浄化センター (5)
☆滋賀県今津・平池 (2)
☆滋賀県・石山寺 (2)
☆奈良市 (9)
☆滋賀県米原市醒ヶ井 (1)
☆京都・宇治市植物公園 (5)
☆Kyoto city zoo (7)
☆滋賀県近江八幡市 (4)
☆京都山科・随身院 (2)
☆京都・宇治市平等院 (2)
☆京都鉄道博物館 (6)
大津市 (0)
滋賀県大津市 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR